まぁアレだ、なんかやった時のアーカイブに。ウン。 それだけです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暴行に遭いました
本日の昼、豊島区内某所を歩いている際に、いきなり見知らぬ男性に因縁を付けられ、殴られました。

学生時代に顔見知りの不良クンにいきなり殴られたことは何度かあったが、まさか大人になってから全く見知らぬ大人に殴られることがあるなんて想ってもみなかった。

酔ってる風には見えなかったから単におかしい人だったのかもしれないけど、いきなり遠間から何やら因縁付けてきた。
間合いも遠いし、正直自分に対してだと想ってなかったのでそのまま関わるまいと無視してたら、近づいてきて「分かってんのか、あぁ?」とか言いながら手にしたビニール袋(中身はみかん)で殴りかかってきた。
流石にカチンと来たが、一瞥しただけで立ち去ろうとしたら袋ごと投げつけてきた。
「なんなんですか。」
と抗議したらその瞬間そのオヤジの拳が右頬に入った。
まさかいきなり殴りかかって来るとは想いもしなかったのでビックリして、一瞬唖然として向き直ったらもう一発来た。
口の当たりにヒット、前歯で唇が切れて出血。

流石に頭に来て、『どうやりかえそう』とか想ったけどすぐに『怪我させたらヤバいかな…』とか想って取り合えずガードして凌いだ。
オッサンが「(落ちて散らばったみかん)拾えよ。拾えっていってんだよ」
とか訳分からんことぬかすので
「なんやお前、つうかお前誰やねん」
と至極当然な疑問を口にしたのだか、そしたら蹴ってきた。

睨みつけて威嚇しながら距離離して、ある程度の所で背中向けて歩いて離れた。
みかんが次々飛んできた。みかんが可愛そう。

背中に当たった。

殺ス。

でも振り向いて睨みつけて、我慢した。

想った以上に唇切ったらしくて、ハンドタオルが真っ赤になった。
パンチの威力自体は全く効かなかったんだけど、頬骨と歯という堅い部分に裸拳を当てられたので、左唇と右頬が少し腫れてる。
なにより唇は、なに食べても染みる。

最近、何にも関係ない人に何の意味もなく暴力を浴びせ、殺してしまうような事件がよく起こってる。
今日、こういう経験をして他人事じゃないんだなぁ…と実感した。
最初の一撃がみかんや拳ではなく鈍器だったら。
刃物や銃だったら。

怖い、とはちっとも想わないんだけど、やり切れなさに苛まされる。

変な話、オレで良かった。

みんな、気を付けてください。

正直、色んな感情が入り交じってとても不快な今です。
スポンサーサイト
桜花路
200804040026352
20080404002635
桜の花が好き。
柔らかな春風に吹かれはらはらと舞い散る様に心安らぐ。

今年は早く咲いた割に花冷えが厳しいのか、まだまだ満開な感じ。
もう少ししたら、自然にはらはら舞い始める。
その時が一番好き。

毎年、この季節になると必ず桜並木を眺めに行くとある路。
10年前、オレが初めて東京で見た桜の路。

少しずつ、でも確実に街が景色を変えて行く中、その桜達は今もこの季節を待ちわびて花を咲かす。

イヤホンからは、あの頃よく聴いたあの歌を流しつつ、当時住んだあの家までの道のりをほてほてと歩く。

ここから全ては始まって、今に至る路になる。

すげーバカバカしいことかもしんないけど、自分の原点に立ち返ることで少しまた前に進む力になる気がするんですよ。

ただのセンチメンタリアンの戯言かもしれないけど。

あの角を曲がって、家へ帰るオレを見つけたら片手を挙げて「よっ」って言ってやろう。
そしたらオレ、どんな顔するだろうな。

おまえの歩く路は、少しずつ形を変え、色を変え、想いを変えてオレに繋がっていくんだよ。

公園の桜並木と、その花と同じ名前の歌い手さんの歌はあの頃とちっとも変わらないけどさ。

大丈夫、Chach Up!!
10年前の新作
あれから10年。

King of Fighters '98という格闘ゲームがある。

10年前。上京した年の事。
某ラノベの舞台だったという理由だけで、都内の某所に住み始めた年の夏。
駅前のゲーセンでオレは、兎にも角にもKOF98ばっかりひたすらやってた気がする…。
そもそも大好きだったKOFシリーズ。
この98に関しては、全キャラクター(表も裏も)の技コマンドとメイン連続技を覚えていた。
それくらいやり込んだ核ゲーは、後にも先にもこれくらいだったかも。

すっかりゲーセンから足が遠ざかり、たまにふらっと立ち入ってはSTGの新作か、2002年以前のゲームを懐かしみつつプレイするかという現状だが、KOF98は見つけるとついコインを入れてしまうのだった。
流石に全キャラコマンドはもう覚えてないけどさ。


そんな98が、リメイクされて稼動する。
そんな話を耳にしたのは実はつい最近だったりした。
今は亡きMSV基盤から、現行基盤のTAITO Type-Xに移植されて『新作』として稼動するとの事。

元からかなり好評だったバランスをさらに調整。
新システム『アルティメットモード』。
そしてオリジナル98に登場しなかった影二・香澄・ゲーニッツ・オロチ・ギース・Mr.BIG・今話題のクラウザーさん(違)。
嫌が応にも盛り上がるってもんだぜ奴さん。

難しいゲームはもうやれない…つかやる気にならない。
懐古主義と言われようが、10年やり続けてきた98がより良く生まれ変わるなら…。
こんなに嬉しい事はない…。


で、今日始めてプレイして来ました。
その名も『KOF'98 アルティメットマッチ』。
やり慣れたキャラ(京サマ・紅丸・ゴローちゃん)で、やり慣れたADVANCEDモードでvsCPUスタート。

…。

…。

…。

えぇ~…。

CPUが鬼強い(not 鬼焼きの強)のはまだ許せるとして(95とかに比べれば(;´∀`))…。
重くないッスか?コレ。
レバー入れて、ボタン押してからキャラが動くまで間がある気がする…。
最初、筐体の問題かと想ったんだけど、コマンド入力は成立してるから内部処理の速度の問題っぽいが。

爽快感が一切無いぃぃぃぃぃぃぃ…。
近年のハイスピード&ハイスパート化された格闘ゲームシーンに一石投じる…って訳でもなさ気な『操作性の悪さ』。
CPUのザッキー(山崎)に3タテされた挙句、
「うざってぇ…うざってぇ…うざってぇんだよぉ!」
の懐かしいセリフを言われても…むしろこっちのセリフじゃあ!

牽制技の判定が弱くなってるのか、リーチが短くなってるのか分からんが兎に角主人公チーム立ち回りにくい。それで無くても反射して操作したんじゃ間に合わない感じでボコスカCPUの牽制技喰らってやな感じなのに…。

期待値高すぎたか…初戦KOFXIIまでの繋ぎで出しただけなのか…。
旧98は名作だった。10年経つ今も色褪せない位の名作。
格ゲー界ではストリートファイターZERO3・ストリートファイターIII3rdとならんで永遠に語り継がれる名作の一つだろう。

なのにこれは…う~ん。

慣れの問題もあるのだろうけど…いや、やっぱりアレじゃねぇ?う~ん。
まぁまた機会があったら…やるかもしんない…。
取り合えず京サマのジャンプBのめくり性能弱体化はキツイ。むー。
自分の有言無実行振りに反吐が出ます。
こんにちわ。


いや、こんにちわじゃねぇよ。


更新が滞っております…。


Why?


忙しいから…。


いや、ホントに…。


じゃあなんで、mixiの日記は更新されてるのか?


…。


ゴメンナサイ…。


実際、忙しかったんだけどさ。
なんだか身の回りが、いろんな事で忙しいッス。
やりたい事の半分もやれてない。
でも逆に、やりたい事の内よりやりたい事を厳選してやってる感じ。
今出来ることを未来の為に。


途中ノロわれたり(ノロウィルスに感染する事)してリアル反吐を出してたりしたけど。
昨年から痛めてた肘がようやく治ってきたら今度は膝を痛めたりしてるけど。


でも少しずつですが、いろんな事を動かせてはいるんじゃないかな?かな?


長文書こうと想うと時間が掛かる。
ちょっとずつ書けばイイのかなぁ。
でも書きたい事、忘れそう…。


ともあれ、更新怠らないよう頑張ります…おす。
【週刊オレ魂】プロレス魂
週刊と称しながら行き成り先週落としましたな(^^;)
途中まで記事作成してたんだけど、それは次回にしまして。

先日、お仕事場の女性と格闘技の話になった。
例のヌルヌル秋山の件から話は始まって、柔道時代にも彼はそういう疑惑があったという話をした。
すると彼女は
「え~、(オリンピックとかの)柔道は(そういうことしたら)ダメでしょ~。格闘技ならどうでもいいけど…遊びみたいなもんだし」

…ちょい待てぃ。
格闘技が遊びとな?

「え~、だって。なんか演出とか派手だし、藤原紀香出てたり。
ボビーとかボブサップとか、なんか軽い感じじゃないですかぁ」

…ショウアップされてるって事が言いたいらしい。
まぁ、K-1とかHERO'Sとかの演出は失笑物なこともなくはない(つか多い)が…。

あんまり詳しくない女性に詳細を解説した所でアレだと想い、
「ボビーだってサップだって、リングに上がる為に物凄くストイックにトレーニングをしてるはずですよ。
確かにショウ(興行)だからそういう部分が目立つけれど、生半可な気持ちで上がれるほどリングは甘くないですよ」
とだけ説明。

まぁ、最近KIDだったり、ボクシングだけど亀田だったり、相撲だけど朝青龍だったりが挑発的な発言をする度になんだか軽い感じがしてしまってたのはオレも想ってはいた。
でもだからと言ってマスコミが叩く様にその競技に対して小馬鹿にしてたり甘くみたりとかしてる選手は居ないと思うし、ショウアップ用のビッグマウスに品格がどうのとか言い出すマスコミの姿勢こそが問題だと想うけど。
そのクセに最近やたらと『ヒール』って単語を多用するマスコミ。なんだかなぁ。

話が逸れた。
何となく彼女も分かってくれたような感じだったが、次に来た質問がこれだった。

「…じゃあ、プロレスはどうなんですか?」

…この話の流れは…聴かれるんじゃないかと想ってはいたんだけどさぁ…。
まぁワタクシれっきとしたプヲタですよ。
去年は68大会生観戦しましたよ。
でもこの職場では『格闘技が好きらしい』程度の認識で留まっているので、重度のプロレスファンだとは想われてない…ハズ。

あんまり親しい人以外には、趣味はプロレス観戦とか言わないようにしている。
偏見の眼で見られる…とかそういうのは全然無いんだが、この質問をされると困るからだ。

「だって、プロレスって明らかに避ければ良いのにって技、当りますよねぇ」

プロレスに対して理解の無い人の印象って、そんなもんだろう。

「プロレスってのは“避けない”競技なんですよ。
格闘技は、いかに相手の技をかわして自分の攻撃を当てるかって競技。
プロレスは、相手の重い攻撃を自分の体の頑丈な所で受けて、潰されないタフさを競ってるんです。
“お前の技なんか効かねーよ、オレのがもっと痛いの打てるぜ!受けられるか?!”って。」

厳密にいうと微妙に違う気もするが、そう説明した。
あまり聴かれない様にしてるから機会は少ないが、聴かれたらこう答える事にしてる。
そしたら彼女も何となく分かってくれたようだ。
その後「なんで猪木は人気が有るの?そんなに凄いの」という質問もされたんだが、これに関しては簡単に説明出来なそうだったので何となくかわした。


きっとプロレスに対して、偏見を持っている人は少なくない筈。
“ワザとらしい”“大げさ”“ストーリーがあるんじゃ無いか”

ショウですから。観に来る人の興味をそそり、観に来た人の満足感を満たす為には必要な要素。
魅せ方の違いはあるもののK-1やPRIDE、亀田を持ち上げたボクシングだって『ストーリー』を作っている。
格闘技だけじゃない、サッカーや野球、フギュアスケートだって様々なストーリーを持ち上げて煽るのが今のスポーツ界(とマスコミ)では当たり前になってる。
ショウですから。お客さんが入らなきゃ困るもん。

そんな中で、プロレスって競技が特に色眼鏡で観られてしまうのはとても…悲しい。

変な話、格闘技とプロレスどっちが危険か?と言われたら間違いなくプロレスだと思う。
ミドルキックを放って失敗して自分が死ぬ事はほぼ無いけど、ドロップキック放って失敗して受け身取りそこなったら下手すると死ぬ。
高い所から回転して落ちたり、相手引っ掴んでブン回したり、挙句反則は5カウント以内なら止められないっていうルールの意味を成してないルールがあって(^^;)

だからプロレスが偉い!とかそんな事は決して無いけど、多くのプロレスラーが毎試合毎試合命懸けで戦ってるんだって事だけは分かって欲しい。
自分の試合を観てくれるお客さんの為に、命を掛けて“魅せて”いるんだという事を。

格闘技ファンにはプロレスを卑下する人も少なくない。
しかしながら格闘技の選手は意外とプロレスラーに対してリスペクトしてる人も多い。
まぁ元々好きな人も多いのだろうけど。
「プロレスとか出来ないッスよ、怖くて」
って事らしい。

プロレスに偏見を持ってる人。
一度、視点を変えて観てみては貰えないだろうか。
そこには、プロレスにしかないプロレスだけの魅力がたくさんあるから。

オレらみたいなプヲタはいつも想ってるんです。
「何でみんな、プロレス観ないんだろうねぇ」
って。
【週間オレ魂】アメコミ魂
昨晩金曜ロードショーで『ファンタスティック・フォー』やってましたねぇ。
『ファンタ』は劇場でも観たけど、家で見てもフツーに面白かった。
劇場でアメコミモノ見る時は概ね変なテンションで見るので大抵面白く感じるオレです。

アメコミの映画版って、変更箇所やオリジナル要素が大体マイナス方向に働くんだけど(^^;)
ファンタは改めて観ても気にならなかった。
X-MENはそれがダメだったんだよなぁ…。
今年は『ウルヴァリン』やるらしいけど、いつ頃のストーリーやるつもりだろう。
人気あるのは分かるけど、映画版X-MENのウルヴィー上げにはちょっと不満ッス。
つかサイクが逢われ過ぎて…。
ま、ケーブル出るなら観ますよ(出ないだろうけど)。

日本ではあんまり馴染みのないアメリカンコミック。
ちょっと前まで小学館から翻訳版のX-MENとか出てたんだけど、いつの間にか出なくなってしまった。
今はジャイブ出版から出てるんだけど、DC系が主流みたいな上めっさ高い(--;)
アマルガムはちょっと欲しいんだけどさぁ。

アメコミと日本のコミックの違いは、出版社毎にそれぞれ固有の『世界観』を有する事。
大手の出版社としてスーパーマンやバットマンの“DCコミック”、スパイダーマンやハルク、X-MENの“マーブルコミック”の2社が有名。
各作品の権利は出版社が有し、脚本家と作画家に作らせる。
その為、日本で言うところの『鳥山明のドラゴンボール』という感覚ではなく、『集英社のドラゴンボール』という感じに(厳密にいうとそれもちょっと違う)近い。

また、アメコミではひとつのストーリーラインを複数の作家で描く事が日常的である為、前の回と同じキャラなのに微妙に顔が違うとかいう事が普通にありえて初心者泣かせ。
その分コスチュームとかに必ずそのキャラだと分かる特徴があったりして、慣れると普通に読める事が多いんだけど。

複数の作家で作る事によって、ひとつのキャラクターを長く活躍させたり日本のように何らかの理由で作家が作品を作れなくなってもストーリーが停滞する事が無くなる。

某H×Hみたいな事がなくなる訳ですよ。
富樫氏が書かなくても、続きをうすた京介が書いたり出来る訳です(ちょっと観たい)。

他にも別の作品のストーリーに別の作品のキャラを登場させる、所謂“クロス・オーバー”が用意になるメリットがあります。
スパイダーマンとファンタスティック・フォーが共闘したり、X-MENとハルクが敵対したり。
DCはDCの世界観(DCユニバースと呼ばれる)、マーブルはマーブルの世界観(マーブルユニバース)の中で各ストーリーは繋がっている為、こういったクロスオーバーが頻繁に起こるのもアメコミの特徴かと。
日本だと作品毎に作者の描くキャラクターのイメージが強すぎる為、同一作家の作品でしかクロスオーバーが観られない。
水島真司御大やCLAMPとかが代表例。
(鳥山明や柴田亜美も自分の作品を共通の世界観で描いたりしてるけど、時系列が平行してないのでクロスオーバーとはいえない気もしなくもない)

個人的にはこのクロスオーバーこそがアメコミの一番の面白さだと思ってます。
スーパーロボット大戦好きな人なら分かる筈。

ここ数年、アメコミの映画化がとても多くて。
でもイマイチ盛り上がってんだか盛り上がって無いんだか分からないアメコミ市場ですが。
オレ自身、CAPCOMのゲームでマーベルを知ってからのアメコミ好きだから(DCは全く読まない)、いろんな媒体でアメコミに触れる機会が多いとファンも増えるかなぁ、とか想ってます。
映画でスパイディ、X-MEN、ファンタ、ハルク、デアデビル、ゴーストライターなんかに興味持った人は、一度アメコミも読んでみよう。ていうか読みたまえ!


問題は手軽に読める翻訳版が刊行してない…って事ですなぁ。
オレもX-MENは『ゼロ・トレランス』で止まってるし、『オンスロート』で消滅したヒーローはリターンどころかリボーンもしてません。
読みたいなぁ…。英語勉強するか…?

最近自分の中でにわかに再燃しつつあるマーブル熱です。
色々調べてたら、キャプテンアメリカが昨年暗殺されていたと知りました。
アメリカの新聞(実際の)でも報道されたとか。さすがアメリカ。
明訓高校が敗退した時みたいですな(ドカベンね)。

あの偉大なるヒーローが…キャップ、君の勇姿は永遠に忘れない。

まぁ、また生き返るかもしれないけど。マーベルだし。
13年
忘れない事が大事な事。

東京は昨日初雪が降った。

あの日も寒かったのを覚えてる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。