FC2ブログ
まぁアレだ、なんかやった時のアーカイブに。ウン。 それだけです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【週刊オレ魂】プロレス魂
週刊と称しながら行き成り先週落としましたな(^^;)
途中まで記事作成してたんだけど、それは次回にしまして。

先日、お仕事場の女性と格闘技の話になった。
例のヌルヌル秋山の件から話は始まって、柔道時代にも彼はそういう疑惑があったという話をした。
すると彼女は
「え~、(オリンピックとかの)柔道は(そういうことしたら)ダメでしょ~。格闘技ならどうでもいいけど…遊びみたいなもんだし」

…ちょい待てぃ。
格闘技が遊びとな?

「え~、だって。なんか演出とか派手だし、藤原紀香出てたり。
ボビーとかボブサップとか、なんか軽い感じじゃないですかぁ」

…ショウアップされてるって事が言いたいらしい。
まぁ、K-1とかHERO'Sとかの演出は失笑物なこともなくはない(つか多い)が…。

あんまり詳しくない女性に詳細を解説した所でアレだと想い、
「ボビーだってサップだって、リングに上がる為に物凄くストイックにトレーニングをしてるはずですよ。
確かにショウ(興行)だからそういう部分が目立つけれど、生半可な気持ちで上がれるほどリングは甘くないですよ」
とだけ説明。

まぁ、最近KIDだったり、ボクシングだけど亀田だったり、相撲だけど朝青龍だったりが挑発的な発言をする度になんだか軽い感じがしてしまってたのはオレも想ってはいた。
でもだからと言ってマスコミが叩く様にその競技に対して小馬鹿にしてたり甘くみたりとかしてる選手は居ないと思うし、ショウアップ用のビッグマウスに品格がどうのとか言い出すマスコミの姿勢こそが問題だと想うけど。
そのクセに最近やたらと『ヒール』って単語を多用するマスコミ。なんだかなぁ。

話が逸れた。
何となく彼女も分かってくれたような感じだったが、次に来た質問がこれだった。

「…じゃあ、プロレスはどうなんですか?」

…この話の流れは…聴かれるんじゃないかと想ってはいたんだけどさぁ…。
まぁワタクシれっきとしたプヲタですよ。
去年は68大会生観戦しましたよ。
でもこの職場では『格闘技が好きらしい』程度の認識で留まっているので、重度のプロレスファンだとは想われてない…ハズ。

あんまり親しい人以外には、趣味はプロレス観戦とか言わないようにしている。
偏見の眼で見られる…とかそういうのは全然無いんだが、この質問をされると困るからだ。

「だって、プロレスって明らかに避ければ良いのにって技、当りますよねぇ」

プロレスに対して理解の無い人の印象って、そんなもんだろう。

「プロレスってのは“避けない”競技なんですよ。
格闘技は、いかに相手の技をかわして自分の攻撃を当てるかって競技。
プロレスは、相手の重い攻撃を自分の体の頑丈な所で受けて、潰されないタフさを競ってるんです。
“お前の技なんか効かねーよ、オレのがもっと痛いの打てるぜ!受けられるか?!”って。」

厳密にいうと微妙に違う気もするが、そう説明した。
あまり聴かれない様にしてるから機会は少ないが、聴かれたらこう答える事にしてる。
そしたら彼女も何となく分かってくれたようだ。
その後「なんで猪木は人気が有るの?そんなに凄いの」という質問もされたんだが、これに関しては簡単に説明出来なそうだったので何となくかわした。


きっとプロレスに対して、偏見を持っている人は少なくない筈。
“ワザとらしい”“大げさ”“ストーリーがあるんじゃ無いか”

ショウですから。観に来る人の興味をそそり、観に来た人の満足感を満たす為には必要な要素。
魅せ方の違いはあるもののK-1やPRIDE、亀田を持ち上げたボクシングだって『ストーリー』を作っている。
格闘技だけじゃない、サッカーや野球、フギュアスケートだって様々なストーリーを持ち上げて煽るのが今のスポーツ界(とマスコミ)では当たり前になってる。
ショウですから。お客さんが入らなきゃ困るもん。

そんな中で、プロレスって競技が特に色眼鏡で観られてしまうのはとても…悲しい。

変な話、格闘技とプロレスどっちが危険か?と言われたら間違いなくプロレスだと思う。
ミドルキックを放って失敗して自分が死ぬ事はほぼ無いけど、ドロップキック放って失敗して受け身取りそこなったら下手すると死ぬ。
高い所から回転して落ちたり、相手引っ掴んでブン回したり、挙句反則は5カウント以内なら止められないっていうルールの意味を成してないルールがあって(^^;)

だからプロレスが偉い!とかそんな事は決して無いけど、多くのプロレスラーが毎試合毎試合命懸けで戦ってるんだって事だけは分かって欲しい。
自分の試合を観てくれるお客さんの為に、命を掛けて“魅せて”いるんだという事を。

格闘技ファンにはプロレスを卑下する人も少なくない。
しかしながら格闘技の選手は意外とプロレスラーに対してリスペクトしてる人も多い。
まぁ元々好きな人も多いのだろうけど。
「プロレスとか出来ないッスよ、怖くて」
って事らしい。

プロレスに偏見を持ってる人。
一度、視点を変えて観てみては貰えないだろうか。
そこには、プロレスにしかないプロレスだけの魅力がたくさんあるから。

オレらみたいなプヲタはいつも想ってるんです。
「何でみんな、プロレス観ないんだろうねぇ」
って。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。