まぁアレだ、なんかやった時のアーカイブに。ウン。 それだけです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年前の新作
あれから10年。

King of Fighters '98という格闘ゲームがある。

10年前。上京した年の事。
某ラノベの舞台だったという理由だけで、都内の某所に住み始めた年の夏。
駅前のゲーセンでオレは、兎にも角にもKOF98ばっかりひたすらやってた気がする…。
そもそも大好きだったKOFシリーズ。
この98に関しては、全キャラクター(表も裏も)の技コマンドとメイン連続技を覚えていた。
それくらいやり込んだ核ゲーは、後にも先にもこれくらいだったかも。

すっかりゲーセンから足が遠ざかり、たまにふらっと立ち入ってはSTGの新作か、2002年以前のゲームを懐かしみつつプレイするかという現状だが、KOF98は見つけるとついコインを入れてしまうのだった。
流石に全キャラコマンドはもう覚えてないけどさ。


そんな98が、リメイクされて稼動する。
そんな話を耳にしたのは実はつい最近だったりした。
今は亡きMSV基盤から、現行基盤のTAITO Type-Xに移植されて『新作』として稼動するとの事。

元からかなり好評だったバランスをさらに調整。
新システム『アルティメットモード』。
そしてオリジナル98に登場しなかった影二・香澄・ゲーニッツ・オロチ・ギース・Mr.BIG・今話題のクラウザーさん(違)。
嫌が応にも盛り上がるってもんだぜ奴さん。

難しいゲームはもうやれない…つかやる気にならない。
懐古主義と言われようが、10年やり続けてきた98がより良く生まれ変わるなら…。
こんなに嬉しい事はない…。


で、今日始めてプレイして来ました。
その名も『KOF'98 アルティメットマッチ』。
やり慣れたキャラ(京サマ・紅丸・ゴローちゃん)で、やり慣れたADVANCEDモードでvsCPUスタート。

…。

…。

…。

えぇ~…。

CPUが鬼強い(not 鬼焼きの強)のはまだ許せるとして(95とかに比べれば(;´∀`))…。
重くないッスか?コレ。
レバー入れて、ボタン押してからキャラが動くまで間がある気がする…。
最初、筐体の問題かと想ったんだけど、コマンド入力は成立してるから内部処理の速度の問題っぽいが。

爽快感が一切無いぃぃぃぃぃぃぃ…。
近年のハイスピード&ハイスパート化された格闘ゲームシーンに一石投じる…って訳でもなさ気な『操作性の悪さ』。
CPUのザッキー(山崎)に3タテされた挙句、
「うざってぇ…うざってぇ…うざってぇんだよぉ!」
の懐かしいセリフを言われても…むしろこっちのセリフじゃあ!

牽制技の判定が弱くなってるのか、リーチが短くなってるのか分からんが兎に角主人公チーム立ち回りにくい。それで無くても反射して操作したんじゃ間に合わない感じでボコスカCPUの牽制技喰らってやな感じなのに…。

期待値高すぎたか…初戦KOFXIIまでの繋ぎで出しただけなのか…。
旧98は名作だった。10年経つ今も色褪せない位の名作。
格ゲー界ではストリートファイターZERO3・ストリートファイターIII3rdとならんで永遠に語り継がれる名作の一つだろう。

なのにこれは…う~ん。

慣れの問題もあるのだろうけど…いや、やっぱりアレじゃねぇ?う~ん。
まぁまた機会があったら…やるかもしんない…。
取り合えず京サマのジャンプBのめくり性能弱体化はキツイ。むー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。