まぁアレだ、なんかやった時のアーカイブに。ウン。 それだけです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シュートボクシング両国大会を観終えて
20061104153406

そんな訳でシュートボクシングのワンディト-ナメント『S-cap 2006』を観戦して来ました。
プロレスでは何度も来てる両国国技館だけどまさか格闘技観戦で来るとは思ってなかった。
そもそも格闘技を生観戦するっていうの自体初めてだったり。
プロレスは良いんですよ、離れたところからでも何が起きているのか分かりやすいから。でも格闘技は細かい所が見えないと分かりにくいイメージがあって。
LIVEで観ようという気が起きなかったわけですよ、ウン。
今回ある友人からご招待の話を頂かなければ下手すりゃ一生行かなかったかも。

まぁ正直、朝まで歩いた後だから場合によっては行かないかもしれないなァ…とか想っていたのは(ry
でも友人が手配してくれたチケットが某レスラーの方から直々に(!)送られてきて「嗚呼、行くしかねぇなこりゃ」と。


ご招待頂いて何も買わずだと申し訳無いのでパンフレットを購入。デカイ。しかも手提げとかくれないし…ここはちょっとマイナス評価。
試合開始後30分たってからの入場だったのでオープニング2戦を見逃してしまったけど(ホントはコレ観たかった…)、S-capのトーナメントは初戦から観戦。
立技総合格闘技、ってどんなもんや?と思ってたけど、観た感じはK-1なんかのキックボクシングスタイルそのもの。
当たり前なんだけどスタンディングの状態で間接取ったり投げ打ったりするのって難しいんだよね。当然打撃が多くなる。
後半行くにつれ投げを狙うシーンがそれなりにあったんだけど、あくまで立ち状態での競技なので投げ損じて転んだ場合再びスタンディングからのスタートになる。試合の流れが切れちゃうから余計に多用できないのかもしれない。
…変な話、ちょっと2D格闘ゲームっぽいとか思った。

観てる内に段々いろんな事が分かってきて、パンフで選手のデータとかも確認できたお陰で後半には結構面白くなってきた(…前半はちょっと寝ました…ゴメンなさい)。
やっぱり細かいところはモニター見ないと解からないんだけど、なんか上手くいえないんだけど独特の面白味がある。
瞬きしてたら見逃しかねない打撃とか、
15時開始で終わったのが20時30分くらいだったんだけど、5時間もあったんだ…って感じ。
実況でも書いたんだけどケロこと田中リングアナ(元新日本プロレスリングアナ)がコールやってたのもオレからしたら馴染み深くて良かった。やっぱケロちゃんの選手コールいいわぁ。


最後は日本人選手、緒方健一選手の優勝で会場は大盛り上がりで幕。
正直、6割くらいのお客さんでひろし(閑古鳥の事をこう呼ぶ)大繁殖な両国だったんだけど…お客さんがあったかい。
オレみたいに初めて観る人も少なくなかったんだろうけど、ちゃんと固定ファンがいて熱のある応援をしてるから会場が暖まりやすいんだなぁ。某老舗プロレス団体とはエライ違い。
でも地上波の無い、やっぱりマイナーと言わざるを得ない競技で両国を使うのはどうなんだろうなァ…とか思ったりもしました。一番安い席で4000円、ちょっと寄ってみるか~といって観に来れる値段じゃない。コレだけ熱いファンがいるなら後楽園ホールでもいいんじゃ無いのかなァ…とか思ったり。頑張っては欲しいな。

試合はちょっと独特だけど面白味があるので、機会のある人は是非観てみてください。スカパー!で11/4に今大会をやるようですので。

招待の話をくれた友人、チケットを送ってくださった某選手!有難う御座いましたっ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/07/27(金) 14:59:19 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。